受講タイプ・費用【基本講座・直前対策講座】

基本講座2016年4月開講予定・受講お申込み受付中

  • 通って学ぶ
  • 合格率87%を誇る
    短期間通学タイプの講座

    衛生法規公衆衛生学栄養学食品学食品衛生学製菓理論

    全6科目を2日間、1科目2時間で『合格するための学び』を熟練の講師陣がわかりやすく、丁寧に指導いたします。
    過去の傾向と対策を反映した合格率の高い講座内容で、効率よく効果的なカリキュラムを、無理なく修得していただけます。
    科目は衛生法規・公衆衛生学・食品学・食品衛生学・栄養学・製菓理論および実技となります。
    実技は和菓子、洋菓子、製パンのうち1ジャンルを選択する事となります。

対応 1ヶ月に2回
対応エリア 大阪
費用に含まれる教材 ・レジュメ:各科目ごとに傾向と対策をまとめたオリジナル教材
・テキスト:「製菓衛生師全書」発行元 日本菓子教育センター
費用合計 36,720円(税込)

講座スケジュール

大阪 6月スタート講座
難波OCAT
2017/06/14 9:00 - 17:00 ・公衆衛生学
・衛生法規
・食品衛生学
2017/06/28 9:00 - 17:00 ・栄養学
・食品学
・製菓理論

※会場・時間など変更になる場合がございます。変更が生じた場合、事前にお知らせいたします。

大阪 講習会場

難波講習会場

難波OCAT 〒556-0017
大阪市浪速区湊町1-4-1 6F リタウン大会議室 >> GoogleMaps

講師プロフィール

河原林 雅代
大学時より栄養学部にて、栄養学、食品学、食品衛生学をメインに学ぶ。病院、保育園などを経て、京都の老舗和食店で仲居として従事後、今に至るまで飲食業界で働く方々をサポートしてきた。『受かるための試験対策講座』講師として北海道から沖縄まで指導して回る。
全国の過去の出題傾向から見出した試験対策を惜しみなく受講生に伝えている。
中島 徹
製菓専門学校を卒業後、大手菓子メーカーにて製造から商品開発まで携った後に独立し多くの製菓店のアドバイザーとして計25年間に渡り製造と指導をしてきた。
従業員だけではなく更に多くの方々に『技術と理論』をわかりやすく伝え、スキル向上に役立ててもらうため、店舗開発責任者・製菓理論講師として活躍中である。
菓子製造業従事経験(2年以上の実務業務経験者)

受験地域は選択自由です。
複数の都道府県で受験可能ですが、各都道府県ごとの特徴があり、試験内容は異なります。
正式な試験日程は試験日の約3ヶ月前に発表されます。(開催日の早い順に記載)

  • 2017年度試験日程一覧(予定)
  • ●2月中旬、:長崎、三重
    ●3月上旬:大分
    ●4月中旬:沖縄
    ●5月末:佐賀
    ●6月上旬:福井
    ●6月中旬:鹿児島、東京
    ●6月末:広島
    ●7月上旬:高知、島根、大阪、京都、滋賀、徳島、兵庫、和歌山、宮城、埼玉
    ●7月末:熊本、静岡、宮崎、福島
    ●8月上旬:香川、栃木
    ●8月中旬:奈良
    ●8月末:愛知、石川、岡山、山口、茨城、神奈川、群馬
    ●9月上旬:長野、福岡
    ●9月中旬:岐阜、新潟、岩手
    ●9月末:秋田
    ●10月末:北海道
    ●11月中旬:千葉
    ●12月上旬:山梨

製菓衛生師試験の受験資格

受験するには下記の受験資格を有している事が必要となります。
製菓製パンの専門学校を卒業してなくても中学校卒業者であれば、菓子製造業従事の期間が
合計で2年間以上あれば受験可能です。
また、パート・アルバイトでも勤務日数・時間の条件が満たす事ができれば受験可能です。

製菓衛生師試験の受験資格
  1. ① 厚生労働大臣が指定する製菓衛生師養成施設(製菓製パン等の専門学校)の卒業者

  2. ② 中学校卒業者

    ・ 在日外国人学校で日本の中学校に相当する課程の修了者であって
    厚生労働大臣が認定した者

    ※ 菓子製造の仕事に2年以上従事していることを証明する菓子製造業従事証明書が必要。

  3. ③ ①②に該当せず製菓衛生師法が施行された昭和41年12月26日においてすでに
    菓子製造業で働いており、その従事期間が3年を超える方。
    あるいは施行日後に3年を超える従事期間のある方。

菓子製造業従事経験(2年以上の実務業務経験者)

・菓子製造の従事期間2年は、複数の勤務施設の合計でも可能です。

・菓子店で働いていても、営業や事務、運搬や洗い場の仕事など、
直接菓子製造と関係がない期間の2年には含まれません。

・学校や製菓/製パン学校で菓子の製造を教えていた期間、
または習った期間は2年に含まれません。

・勤務が週4日以上で1日6時間以上の菓子製造従事
パート/アルバイトでも受験可能です。

・菓子製造業従事証明書は複数の就業勤務施設での合計でも可能ですが、
合計2年以上となる様、勤務していた各施設の代表者(会社の場合は代表取締役、個人商店の場合は店主)に記入、捺印してもらう必要があります。 さらに、菓子工業組合などの証明が必要な場合があります。

・以前の就業勤務施設が消失して、証明が受けれない等の場合は
各受験する都道府県の関係部署に問い合わせ、確認する必要があります。

講座お申込みから受講までの流れ

お電話、もしくは 申込みフォーム よりお申込み頂けます。
講習会場によって申込締切日が異なりますのでご注意下さい。

講座お申込みから受講までの流れ
ページの先頭へ