製菓衛生師免許について

製菓衛生師免許について

製菓衛生師は日本の国家資格です。
製菓衛生師法に基づき都道府県知事が行う製菓衛生師試験に合格し、
各都道府県の製菓衛生師名簿に登録された者を製菓衛生師と呼びます。

近年、情報文化の発達により様々な食文化が知れ渡る様になり、
栄養や栄養バランス、食材に関する知識など調理に関することから
衛生管理に至るまでを通して学ぶことで製菓衛生師としての幅がひろがることはもとより、
これからのキャリア形成を考える上でも非常に有意義な資格です。

製菓衛生師免許取得のメリット

  • 画像
  • 現在の免許取得者は13万人ほどにのぼり、今後の菓子製造業の中での製菓衛生師免許取得の義務化に及ぶかもしれません。

    製菓衛生師免許活用の場は国内のみならず、海外での就職や就労ビザの取得にも非常に有利になってくると言われています。
    日本人の菓子・パンに対する知識・技術・サービスマインドは世界中で高く評価されています。

製菓衛生師免許取得者の需要

  • 国内でも洋菓子、和菓子、パン、などの各業態をはじめ、菓子・パン製造関連企業の開発職、飛行機の機内食、アミューズメントパーク、福祉関係や病院などの施設での需要が製菓衛生師にあります。

    採用条件の一つとして免許取得を条件としたり、資格手当がつく場合もあり職場での待遇や収入アップ、就職や転職の強い味方となります。

    また、菓子・パン製造販売する店舗には必ず設置義務のある「食品衛生責任者」は、製菓衛生師免許を取得していれば申請するだけで入手可能です。

  • 画像

注)製菓衛生師でない者が製菓衛生師と称すると罰金30万円以下の刑に処されます。

日本の菓子・パンと海外の動向

日本の菓子/パンは海外からも高く評価されています。
和食が2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されたことは記憶に新しいですが
諸外国からの来日旅行者数も増加傾向にある中、とりわけ和菓子の人気は旅行者には高く
一方日本の洋菓子、パンの企業が海外へ進出している傾向もあります。

日本人のパティシエ・ブーランジェが世界からどのような評価を受けているか?

  • 画像
  • まず、製菓・製パンの世界的なコンクールにおける日本チームの成績は素晴らしく常に上位にランキングされ、トップクラスの技術を持つ国として評価されています。

    日本の菓子・パン店の海外支店や日本人オーナーシェフの店などでは
    日本の素材をうまく取り入れた商品などの人気が高く、海外での日本企業、日本人オーナー経営の店舗など需要は高まる傾向にあります。

  • 日本国内においては外国人が店を持ち営業されているケースも多々あり、外国人旅行者の評価としても、伝統和菓子、緑茶、流通菓子などの高評価、菓子/パン店では商品の完成度の高さ、丁寧なサービスや衛生管理などでも高い評価を受けています。

    これらは、日本や日本人独自の価値観などの文化的な側面が評価された結果といえるでしょう。

  • 画像
ページの先頭へ